不動産売却は情報収集が決め手|スマイルLIFEの実現

Real Estate

一昔前の中古物件

バブル時代の中古物件について

House

バブル期には、リゾートマンションが多く建設されていきました。投資用としての意味合いも大きく、セカンドハウスとしても利用する前提で購入する人が後を絶ちませんでした。そういった建物は、現在、中古物件として多くの流通が始まっています。購入者が高齢になり、利用することがなくなったものの、維持費が必要であることから、手放すようになっているのです。こういった中古物件はかなり多くなっていることから、比較的安価で取引がされるようになっており、一般庶民でも購入できるほどになっています。中には、10万円、50万円、100万円、といった超お買い得価格に設定されているものも少なくなく、海を見てのんびり過ごしたいという人には、手頃な価格になっています。

中古マンションの特徴

地域によっては、海沿いの中古物件には、リゾートマンションが多く立ち並んでおり、オーシャンビューを楽しめるものも少なくありません。温泉の出る地域であれば、各部屋や、大浴場が設置されているものもあり、都会の生活から離れてゆっくりとしたい、と考える人にとっては、最高の環境といえます。また、定年を迎えたリタイア組の中には、毎日、海の周りを散歩しながら、のんびりした環境に第二の人生の拠点として、購入する人が増えてきています。特に釣りが好きな人にとっては、歩いてすぐのところで好きなだけ楽しめることから、いずれ移住することを前提として、釣りの拠点として利用している人もいます。今後も、こういった中古物件は増えることが考えられ、しばらくは選ぶことができる環境にあります。