不動産売却は情報収集が決め手|スマイルLIFEの実現

Real Estate

中古物件の活用法

不動産の中古物件の活用法

House

不動産は非常に高額で住宅ローンも30年など組むことが多く人生の中でも非常に大きい買い物だと思います。それだけに失敗せずに購入したいものです。従って、新築ではなく中古物件を購入することは非常にメリットがあります。新築では3000万円の物件が中古では半額くらいで購入できるケースもあります。また、築年数が古いものだと建物の価格はほとんどなく土地の値段のみで購入できるケースもあります。最近のトレンドとしてはリノベーションが流行しているようです。これは築年数の古い中古物件をあえて購入し、その住宅の機能や価値再生のために包括的な改修を行うことです。これによって住宅は新しく生まれ変わるのです。新築の注文住宅を建てるのも良いですが、リノベーションによって自分たちのライフスタイルのあった住宅に改修するのも非常に資金が少なくてすむ方法です。

リノベーションの価格相場

リノベーションは中古物件を改修するものですから資金はある程度かかります。一般的には平米当たりの単価が設定されていることが多いようです。自分たちのこだわり方によって発生するコストは違いますので、一概には言えませんが、イノベーションを専門にしている業者もあるので見積もりをしてみましょう。一番安いものだと平米当たり50000円くらいのものもあるようです。いずれにしても自分たちの想いが住宅に反映されますので、どのような家にするのか、どういったライフスタイルにするのかをよく家族で話し合ってまとめることが重要です。家に対する父親のこだわりと母親のこだりは違うケースがありますし、またこだわる所も違いますので、十分に話し合って見積もりをとるようにしましょう。中古物件はこのように活用すれば非常にお買い得なものになります。